テーブルマナーだけじゃダメ!

気を付けなければいけない食事のテーブルマナー

デートでは食事のマナーも意外と重要です。
コース料理でスプーンやフォークを使う順番、高度なマナーではなく"気配り"レベルの配慮が足りず、女性に悪い印象を与えてしまう事例が多いのです。
デートに気合いを入れるのはいいですが、目の前の女性に対してのトークに集中しすぎて、マナーやモラルが欠けることがないように注意しましょう。

テーブルマナーは手順通りに食器を使い、行儀よく食べることも大切ですが、デートの場合は"女子への配慮"が最重要ポイント。

女性に優先権を与える
優柔不断にならない
「いただきます」「ごちそうさま」を言う
「ありがとう」を言う
店員に対しても優しく対応する

女性の好み、意見を最優先

食事デートでは、常に女性に優先権を与えましょう。
お店の料理のジャンルや、コースにするか単品にするか?シェアする大皿料理の味付けをどうするかなどは勝手に決めず女性の意見を尊重しましょう。

男性の食事時の立ち居振る舞いを観察する女子

ただし、これは"基本的な考え方"で、初デートは相手も気を使ってしまうものです。
食べたいものを何でもいいと言われたら、いくつかの選択肢を提示してあげたり、男性側が決める時は「これ美味しそうだけどどうかな?」と誘導しつつも最終決定は相手に委ねるようにします。
女性が決め兼ねている際は、男性がフォローしてメニューを見てから全然注文するものが決まらない…と優柔不断感を出すのはNGです。

忘れがちですが、料理を食べる前は「いただきます」、食べ終わったら「ごちそうさま」「美味しかった」と一言加えましょう。
一言くらい感想が無いと「もし、私が作ったときもこんな感じなのかな…」と余計な心配をかけてしまいますからね。

お酒を注文した場合は、控えめに「乾杯」と始めると緊張も和みますよね。

さらに食事中は「ありがとう」という言葉も効果的です。
取り分けをしてもらったり、箸や調味料を取ってもらった時は、その都度「ありがとう」と口に出して伝えるようにしましょう。

取り分けをはじめとした食事中の気遣いは、男性が率先してやるのが基本ですが、相手が動いてくれたときはオーバーなくらいに感謝を伝えてみましょう。
女性が取り分けをしようとしてくれたときは、素直に任せてお礼を伝えるのが無難。

気遣いのできる男性にメロメロな女子

「ありがとう」はデート相手だけではなく、店員に対してもしっかり行うと好印象でしょう。
いくら女性に優しくしていても、お店のスタッフに対して態度が悪いとマイナスです。
店員への対応もデート時のアピールポイントになることを覚えておきましょう。

居酒屋デートでの注文

居酒屋デートで難しいのがメニュー選びです。
食事メインの場合、お互いが好きなモノを注文すればいいですが、お酒を目的にした席の場合、基本的にシェアして食べるおつまみが中心になります。
一緒に食べるものだからこそ、気を使って食べたいものを注文しようとしない女性が多いです。

居酒屋デートで上手に注文する男性

そこで「適当に頼んじゃっていい?」と勝手に決めてしまう方もいますが、当然NGです。
女性がメニュー決めで意見を言ってくれない時は、項目別に質問形式で決めていくといいでしょう。
「サラダはこの中だったどれがいい?」と聞いたり、肉は鳥と豚と牛ならどれが好き?とメニューを見ながら答えやすい質問で誘導していくと良いでしょう。

些細なことですが、女子は「自分の意見で決めた」という事実を重要視し、勝手に決めれたことに反感を覚えます。
上手に一緒に決めた!気が合うね!ともっていければベストでしょう。

男はしっかり食べる

ご飯を美味しそうに食べる男性

料理が来ても、女性との会話に力を入れすぎて、食事に手をつけようとしない方もいますが、男は出された料理をしっかり食べるようにしましょう。
男性側が積極的に食べないと、女性も料理に手をつけずらい状況になります。

また、基本的に食べない男より、しっかり食べる男の方が好印象を持たれやすいです。
食事では、会話だけではなく料理を美味しそうに食べることもアピールポイントになります。
食事は、あくまでも会話がオマケで料理がメインです。デート相手が料理を美味しそうに食べていれば自然と食事の席も楽しい雰囲気になります。