高等テクニック「手繋ぎ」

何度目かのデートで初めて手をつなぐ男女

初めて会った相手といきなり手を繋ぐのはアリかナシか?
ネットでも議論・解説がなされている話題ですが、意外にもネットの情報では「初回からデートで手を繋ぐのはOK」という情報が多いことに驚かされます。
当サイトの見解としては、初回デートでは極力手繋ぎは控えるべきです。

まず女性側の付き合う前に手を繋ぐのはアリか?といった考え方についてですが、一番多い意見が「自分が好きな男性なら恥じらいながらも受け入れる。自分が好意を持っていない男性との手繋ぎはNG」となります。

出会い系で知り合ってデートに発展した場合、プロフィールやメッセージのやり取りでは興味を持っていることが伺えますが、すでに恋をしている可能性は限りなくゼロに近いです。
もちろん、初デートでも終盤になれば、女性が完全に恋をしている状況になっているかもしれませんが、本当に女性が自分のことを好きなのか初回で見極めるのは難しいです。

手を繋ぐ行為は、受け入れられれば一気に距離を縮められるメリットがありますが、一歩間違うと拒否されて気まずくなったり、イヤイヤ受け入れるけど内心ではドン引きされているかもしれません。
これらリスクを背負って勝負するのであれば、手を繋ぐのは2回目以降のデートまで待った方が無難でしょう。

極論、2回目で手繋ぎキスHなんて展開もアリなので、無理して1回目で手繋ぎする必要はありません。

チャライ、軽い、カラダ目的の烙印

仮にルックスが女性好みで、トークも上手くいき女性の好感度はMAXだったとします。
それでも初対面のデートでいきなり手を繋がれると、女性としては色々なことを考えてしまうものです。

この人は誰にでもすぐに手を繋ぐのではないのか?
女性の扱いがうますぎて、すぐに浮気したり多くの女性と遊んできた過去があるのではないか?
手が早いので、実はカラダ目的かもしれない
自分に自信がありすぎる

チャラい男性はお断りな女子

せっかく相手が好意を持っていたとしても、手を繋ぐといった、行き過ぎた行為をすることで幻滅されるリスクも発生します。

手を繋ぐのは交際OKの前兆

手をつないでデートできる関係になって、なおかつ次回のデートにも応じてくれれば、その時点で高い確率で付き合えます。
告白する前に、手つなぎをして相手の反応を見ることは効果的ですが、それを初回でやるのは早すぎます。

仮に手繋ぎをして、その場で受け入れてくれたとしても、それは女性が断りきれずにしょうがなく応じている可能性もあります。
手をつないでくれたからといって、その場で告白するのは時期尚早。
手をつなぐ行為は告白する1回前のデートでチャレンジするのがベストです。

ただし、女性によっては彼氏じゃないのに手を繋ぐのはナシと思っているケースもあります。
少しでも違和感を感じれば「ゴメンね、つい…」と誤り、軽い気持ちではなく本気で付き合いたいと思っている。と流れで気持ちを伝えてしまっても良いでしょう。

仮に手を繋ぐという工程をスキップしても、付き合えるチャンスは十分ありますし、手を繋いだから告白の成功率が上がるかといえばそれは別の話です。

デートを重ね遂にお泊りデートでドキドキの男女

シチュエーションによっては積極的に

人ごみで手を繋いでいないと、はぐれてしまいそうな場面やお化け屋敷などのアトラクションの場合は、状況を見て手を繋ぐのもOK。
特に人がごった返している所では、さりげなく手を繋いでエスコートするのは紳士的で好印象になる場合もありますので、本当に必要な場面に限って初回の手繋ぎはアリです。

人混みで溢れる原宿竹下通り

ただし、こうしたやむを得ない状況で手を繋ぐことができたからといって、すぐに必要ない場面でも手をつなごうとするのはナシです。
一度OKだったらいつでもOKと捉えてしまうと、勘違いしやすい人とか、空気を読めない人だと悪印象を持たれるかもしれません。

運良く初回手繋ぎに成功しても、まだ相手から好意を持ってもらっているとは限らないので、慎重な行動を心がけましょう。