費用対効果バツグンなプレゼント大作戦

男性がプレゼントに買ってきたショートケーキ

"付き合う前のデートでいきなりプレゼントなんて、重たくない?"

非モテ男性に限ってこんなしょうもない懸念を抱いています。
断言しますが、プレゼント作戦は上手に活用すれば効果絶大です。

通常の出会いからデートまで発展したら、ある程度は脈アリだと期待できますが、出会い系でマッチングしてデートに発展したとしても、まだ最初の一歩を踏み出しただけです。
出会い系で知り合った女性は、自分の他にも多くの男性と"お試しデート"を繰り返していて、ライバル達と天秤にかけていると思ってください。

ライバルと差別化し、一歩リードするためには他の男性にはできない「プレゼント作戦」を駆使すると"この人は違う!"と特別枠に昇格できるかもしれません。

あくまで「プチ」が大切

女性へのプレゼントと聞くと、指輪やネックレスなど高価なアクセサリーを想像される方もいますが、この場合のプレゼントで高価モノは逆にひかれます。
付き合う前のデートでのプレゼントは1,000円〜2,000円程度で十分ですし「悪いな…」と思わせない金銭レベルが重要です。

プレゼント目的は、本当に役に立ったり、もらって嬉しいものを渡すことではありません。
自分を印象付けて、気が利く男だとアピールするためのツールに過ぎないのです。

デートの度にプレゼントを用意する必要はありませんが、本当に落としたい女性やライバルが多い女性には効力を発揮するでしょう。

デートにはサプライズが大切

サプライズのプレゼントに驚きつつ嬉しそうな女子

誕生日や記念日に関係もなく、ただ出会い系で知り合った男性のデートでは、
女性はプレゼントをもらえるなんて思っていません。
そこでちょっとしたプレゼントの用意があると女性からしてみるとサプライズに感じて、受け取ったプレゼントの内容に関わらず喜んでくれるものです。
さらにプロフィール情報から女性が好きそうなものをピックアップしておけば、

「えっ、なんで私が好きなもの分かるの?」

と会う前から自分のことを考えてくれている、出会い系で知り合った他の男性とは違う!と強く印象を刻むことができます。

プレゼントの選定事例

プレゼント選びは女性のプロフィールや写真の印象を見て、その女性が喜びそうなプレゼントを選びます。
ただし、好き嫌いが別れるものではなく、誰がもらっても喜ぶようなものが無難です。

中でも「お菓子」は形に残らず気軽感があるためお奨めです。

先週旅行に行ってきたお土産で
ここのお菓子が美味しくて買いに行ったついでで
買い物に行ったら美味しそうなお店だったので買ってみました

と◯◯のついでに…という提で渡してあげると気を使わせなくてすみますよ。

お菓子はお土産ならご当地品でOKですが、そうでなければデパ地下系は無難です。
「表参道で有名な◯◯の〜」なんていうのはハードルが高いですが、デパ地下ならどれを選んでも味・パッケージ共に申し分ないでしょう。

特に女子はカラフルなお菓子が大好き。
選定に迷ったら「マカロン」を選んでください。

プレゼントに最適なマカロンの詰め合わせ

5個入り程度のコンパクトなパッケージでOK!
オシャレな包装と紙袋で包んでくれますので、あとはデートの帰り際にでも渡せば完璧ですね。

付き合う前にはNGなプレゼント

花束
ブランドバックや財布、アクセサリーなど高価なもの
香水や化粧品など好みが別れるもの

付き合う前のデートでのプレゼント作戦は、受け取っても重たくないと手軽なものが良いです。
ヴィトンの財布など、もらえば誰でも喜ぶようなものもありますが、値段が高いのが明確な物だと、プレゼントを受け取ることに罪悪感を覚えます。
何よりも、これを受け取って次もデートしたら付き合わないといけない…と危機感を抱かれると、それまで好意をもってくれていた女性でも次回がなくなってしまいます。

また、仲良くない人へのプレゼント品としては不向きな香水、嫌いな銘柄をもらっても困るといった物は避けましょう。
自分のカバンに何気なく忍ばせることができて、渡した後も持って帰るのが簡単かつコンパクトなものがベストですね。

さらにプレゼントを渡すときは、簡単に選んだ理由も添えてあげるといいでしょう。

「甘いもの好きそうな予感がして、うちの近所で有名なお店のお菓子は美味しいから喜ぶかなって思って」
「ネイルするってプロフィールに書いてあったから」
(ネイルオイルを渡す場合)
「最近寒いから、これ使って風邪ひかないように、しっかり身体温めてね」(入浴剤系のギフトを渡す場合)

理由付けは長くせずに、手短にまとめてさりげなくプレゼントを渡すのがベター。

中身についても「◯◯だから」と簡単に教てあげましょう。
何か分からないと女性は高価なものではないか…、負い目ができて逃げられなくなると逆に警戒するものです。
これなら手軽に受け取れるものだと認識させることも大切です。

告白の言葉を待つ緊張気味の女子