デートオファーの成功率を高める

デートの待ち合わせで待っていた女子

どのタイミングでデートに誘ったらいいんだ
この子会う気があるのかな…
初デートは何を提案したら良いのだろう

出会い系をはじめたての方はもちろん、最近デートアポが上手くいかない…と躓いている方も多いと思います。
このページでは出会い系でデートアポを取るまでの流れと、メル友から発展させるための極意を説明します。

タイミングと企画が重要

デートアポで重要なのは、デートに誘うタイミングの見極めと、女性が楽しめるデートを企画することです。
理屈は簡単なことですが、これを実践するのは難しいもの。
しかしながら、ちょっとしたコツを覚えてしまえば、簡単にデートアポが取れるようになり、アポを取った後にキャンセルされるリスクも緩和されるのです。

デートに誘うタイミング

最適なデートに誘ったり、会ってみようと切り出すタイミングは次の2通りのパターンがあります。

1.メッセージのやり取りで信頼関係を築けた
2.女性側が会うことを望んでいる

出会い系はメッセージのやり取りで信頼関係を築いて、お互いにこの人なら会ってもいいと思えることで、デートへ発展していきます。
デートしたいからといって、誰にでもすぐアポを取ろうとするとアポ率は上りません。
メッセージを通じて距離感が近くなったと感じたり、一通りの話題はこなして、そろそろイケる!と思ったタイミングでデートアポに踏み切りましょう。

ただし、例外もあり稀に女性側がすぐにデートを望んでくるケースもあります。
色々な人とマッチングして、それぞれメッセージのやり取りを繰り返すことに嫌気がさして、メッセージ段階を飛ばして会って相手を見極めたり他ユーザーと比較したいと思っている女性も居なくはないです。
またあまりに積極的な場合はイタズラや美人局等の危険性もあるので舞い上がらず慎重に判断を下します。

スマホでデートの待ち合わせ場所を調べる女子

事実、ガツガツデートに誘ってくれる女子は少なく、多くは男性側からデートの話を切り出すことを望んでいます。
目安としては5-6行/通のやり取りで10〜15往復したらデートを切り出してOK期間にして3日〜1週間程度のやり取りが理想ですね。

女性が喜ぶデート企画

デートアポは企画性も重要です。
仮に自分の中の鉄板デートプランがあったとしても、自分の考えやプランで強引に進めるのはNGです。
相手をしっかり分析して、最適なプランを計画して提案しましょう。

初デートであればディナーやランチは定番ですが「好きな(嫌いな)食べ物はありますか?」と好みを聞いた上で「◯◯が美味しいレストランに行きましょう!」と提案したら女性側も喜んで誘いに答えてくれると思いませんか?

初デートの定番・ディナー

連絡先交換をする

デートをする流れで話が進んだら、連絡先交換をしておきましょう。
待ち合わせ場所で電話をできる環境を作っておくとお互いに安心ですし、ドタキャンされるリスクが緩和されます。
連絡先交換の方法は、LINEを活用すると便利です。
いざとなれば、ブロック機能もついているLINE交換を提案することで、警戒されることなく連絡先をゲットできます。
また、LINEで繋がると出会い系の中の人から、友人枠に移行して、より距離を縮められるメリットもあります。

企画を提案して、連絡先交換までできれば、あとは待ち合わせ場所を決めてデートアポは完了です。

もしもデートの誘いを断られたら

ズバリ言うと、一度デートの誘いを断られると、それが気まずくなって、そこから巻き返すのが困難です。
また、従量課金制(ポイント制)の出会い系の場合はサクラやキャッシュバッカーの可能性もあります。

よほど納得ができる理由やデート可能な時期が明確な場合を除き、見切りをつけて次に行くことをお奨めします。
諦めた場合でも、何か根本的な原因があったかもしれないと反省点を探しましょう。
デートを誘うタイミングや企画が間違えている可能性があるので、次回から同じ失敗をしないように心がけましょう。

どんなプロでも100発100中でデートアポを取るのは無理です。
自分の中でフィードバックをするとともに、気持ちを切り替えて次に進むことが大切です。

初デートをドタキャンされて泣く男子