LINE移管で生まれる「親近感」

「Line」WEBサイトのスクリーンショット画像

出会い系で女性と距離を縮めるには"LINE交換"が定番の手法です。
女性もLINEでやり取りをした方が楽でスムーズなのは理解していますが、警戒心からLINE誘導のタイミングを間違えると即時ロスカットされる危険性もあります。

出会い系でLINE交換に失敗した経験がある方も多いと思いますが、正しい誘導テクニックを身につければ、決して難しいことではありません。
従量課金ではメッセージポイントが不要となるため、節約になるのももちろんですが、LINE枠に入ることで友達や家族と同列の連絡ツールに食い込むことができるのです。
自然と「出会い系で知り合った男」→「知り合い」→「男友達」と昇格できるチャンスなのです。

女子がLINE交換を拒否る訳

Line交換を拒否する女子

前段として、女性がLINE交換を拒否する理由は次の3つがあります。

警戒心、怪しさ
実は脈なし
サクラ

一般女性の多くは、警戒心や怪しさを最も懸念しています。
一部ではLINEIDを悪用したり、他の悪質サービスへ誘導する目的で出会い系に紛れ込んでいる業者もいます。
また、カラダ目的や軽い気持ちで接近しているのではないか?という警戒心もあり、無差別にIDを教えたくない気持ちもわからなくはありません。

真剣に活動していることをアピール

LINE誘導する前に十分に相手の信頼を得ることが大切で、ID収集や悪用等、他の目的ではない事と真剣に恋愛したいことをアピールしましょう。

そのためには、女性のプロフィールを熟読して、手間暇かけてメッセージを往復させるしかないのです。
不特定多数にコピペ対応をしているのではなく、真剣に向き合っている印象を与えれば自然と警戒心や怪しさは解れていきます。

ここで注意しないといけないのが、ガツガツするのと真剣に活動していることは別物だということ。
自分の誠実さをアピールして、相手に安心感を与えるように心がけましょう。

アプリ内のメッセージを長引かせない

数通目のメッセージで突然LINE交換を希望すると警戒されて拒否される可能性が高いです。
まずは、ある程度は出会い系内のメッセージでやり取りをすることが必要ですが、その過程が長すぎてもよくありません。

目安は10〜20往復、この段階でLINE誘導した方が自然な流れになります。
ただ、メッセージの件数をこなせばいいのではなく、肝心なのはメッセージの中身です。
本当に相手に好印象を与えるメッセージであれば、1〜3通程度のやり取りでLINE交換を受け入れてもらえるだけの信頼をゲットできます。

Lineで相手の男性とやり取りする女子

また、LINE誘導時も"理由付け"が大切。
女子は何をするにも言い訳を探す生き物、「積極的に言い寄られたから…」「酔っていたから…」「終電がなくなってしまったから…」と"仕方がなくしてしまった"という状況が大好きです。

LINEに関しても同様で「サイト内メッセだと返信が遅くなってしまうから…」「LINEの方が早く返信できるから…」「待ち合わせでLINE電話できたら安心だから…」と何らかの前置きをしてあげましょう。
単純にそろそろLINE交換しない?と攻めるよりも圧倒的に成功率が上がるはずです。

断られたら見切りをつける

出会い系内のメッセージには、ログインの手間やアプリ起動など使い勝手の悪さだったり、実際に会う時に電話できないといった問題点が色々あります。
当然女性側だってLINEでコミュニケーションを取った方が楽だし、お気に入りのスタンプも使えます。
つまり、最低限の信頼関係を築ければ、女性側もLINE交換を受け入れる準備をしているのです。

良い感じに進んでいたのにLINE交換を断られた場合、サクラや業者・相手の気持ちが冷めてしまった・他に魅力的な男性が現れたなど好ましくない状況が想定されます。
万が一、最善を尽くしたにも関わらずLINE交換を断られたら、断腸の思いでもスパッと切り、次の相手を探すことを推奨します。

LINE誘導の必要性

Line交換でニヤッとする女子

ここまで読んでいただいた方なら理解しているかと思いますが、LINE誘導のメリットは次の3つ。

①メッセ送信ポイント節約

②親密度UP

③退会による音信不通防止

①ポイント節約

まず、目に見えるメリットとしてはメッセポイントの節約です。
大手従量課金制出会い系サイトでは50円/通の送信料金が掛かります。
1-2通であれば気にならないところですが、デートアポから当日までに期間があく場合には馬鹿にできない金額になります。

5通/日で10日間やり取りを続ければ、50円✕50通=2,500円の出費になります。
3人並行して進めたらそれだけで、7,500円の浪費ですよね…

メッセ送信料をケチって、LINE交換を焦るのはもっての他ですが、適切なタイミングで移行するのは金額的メリットが大きいのです。

②親密度UP

先ほども話しましたが、LINE枠に食い込むことで"男友達"に昇格できます。
出会い系のメッセ確認は1日1回という子でもLINEはリアル友達や家族との連絡に使っていることから頻繁にチェックしています。

さらに「既読」機能があるため、開封後は"なるべく早く返信しよう"と無意識に行動するはずです。

③音信不通防止

実は出会い系で危惧されるケースの一つに突然の退会があります。
自分との間では順調に仲を深めていても、他方で嫌がらせやしつこい男に出くわしてしまうと"出会い系ってやっぱりダメだ…"と短絡的に考え退会してしまうのです。

LINE交換さえ実行しておけば仮に相手が退会してしまっても連絡手段を失わずに済みますし、自分はそんな軽薄な男ではないとアピールすれば良いのです。