女子の目に留まる写真とは

興味を持った男性のプロフィールを見る女子

説明するまでもありませんが、出会い系はプロフィール写真のデキがその後の明暗を分けます。
重要性は理解していても、どうやって写真を撮っていいか分からない…という方も多いのではないでしょうか?

男性プロフィールを見ていると「なんでこんな写真を載せたのだろう?」と疑問に思う写真が本当に多い。
本人の持つ"素のルックス"が良い・悪いの問題はありますが、どんな方でも成功法に基づいた"テッパン写真"で勝負すれば、女子の反応はこれまでの2-3倍になります。

多くの出会い系サイトでは、メインのプロフィール写真の他にサブ写真・アルバム機能・掲示板やメッセージの画像送付機能があります。
最も重要なのは、メインのプロフィール写真で顔がハッキリした写真を掲載するのは必須です。
さらに、趣味や好きなモノの写真(風景、キャラクター等)はサブ写真機能を活用してUPしておくことで女子のリアクションは驚くほど向上するでしょう。

このページでは魅力的な写真の撮り方、掲載方法を紹介します。

非イケメンでも問題無し!

メタボなお腹の男性

基本中の基本ですが、メイン画像は本人画像で顔がハッキリと判別できるものを使用します。
風景やキャラクター・アバターのみで活動したり、自分以外の写真にすれば匿名性は守られますが、女性とのマッチング率は1/10以下になることを断言します。
余程の理由が無い限り、堂々と顔出しすることを進言しますし、同じ利用料金を支払うのにわざわざ効果を下げるような小細工は不要ですよね。

「俺、ブサイクだし…」

ルックスに自信がないからと言って顔写真無しor不鮮明な画像で活動するのはNG。
仮に顔を隠したまま女子とアポを取れたとしても、相手がルックス重視なら二度目のデートは永遠に訪れないでしょう…

真剣恋愛目的の出会い系なら、イケメンよりも誠実さ・話が面白い・素直さと性格や内面を重視される傾向が強いです。
中にはルックスを重視する"メンクイ女子"もいますが、どっちみち対面後にロスカットされてしまうので最初から顔面レベルを知っておいて貰ったほうが好都合でしょう。

イケメンじゃなくても雰囲気や包容力をアピールすることで「この人優しそう」「私のこと大切にしてくれそう」と思わせたら勝ちなのです!

プロフィール写真の撮影ポイント

笑顔を意識
顔・体型はハッキリ
光量に注意し明るい写真に
下手な加工はNG
自撮りはNG

笑顔の弾けるビジネスマン男性
笑顔写真はモテ率UP

「そんなの当たり前、当然笑顔を意識してるよ!」

自分ではそう思っていても、出会い系男性の95%が不合格。
写真で好印象を与えるには多少口角が上がったくらいでは不十分です。

具体的には「上の歯8本(左右4本)がハッキリ見えるまで意識的に口角を上げる」。
撮れた写真を見て歯が見えていないor少し顔を出している程度なら未だ控えめ過ぎると理解して全力の笑顔を目指しましょう。

余談ですが、必然的に"笑顔=歯を見せる"となるので歯のメンテナンスも重要なポイントです。
歯並びは今日明日で治せるものではありませんが、着色や黄ばみは歯科クリニックに相談すれば1時間程で綺麗にクリーニングできます。

男性諸君が考えるより女子は清潔感に敏感です。
着色やヤニ汚れがあるなら最低限綺麗にしておくことを推奨します。

顔・体型がわかるように

ベストは顔がハッキリわかるバストアップ(胸より上がメイン)写真とサブで全身写真を載せる組み合わせです。

顔写真は上で説明した「笑顔」を意識しつつ、明るい場所で撮影しましょう!
お奨めは公園や観光地で晴れの日中帯が好ましいです、室内撮影なら大きな窓や照明でしっかりと採光できる空間を選びましょう。

ちなみに顔写真でも"顔のアップ"はNG!
たまに掲載している人を見かけますが、証明写真や卒アル写真ももちろんダメです。

サンプル写真を参考に適度な被写体・背景バランスを心がけましょう。
顔ド・アップはナルシストっぽく見られますので、最低でも肩くらいまでは映るようにレイアウトを工夫しましょう。

自撮り撮影はダメ

自撮り写真は女子ウケが悪いですし、ナルシスト・気持ち悪いと一蹴されてしまうことも…

できれば友人に撮ってもらった写真が効果的です。
自撮りは顔アップになりがちですし"鏡越し写真"は友達がいない、根暗、ナルシストなマイナスイメージを与えます。

もし友人に頼みづらいなら、三脚がお奨めです。
最近はスマホを固定できる簡易なものが数百円程度で売られていますし、セルフタイマーだけでなくBlutoothと連動したリモコンシャッターも安価です。
これらを駆使してレンズを顔と平行若しくは若干目線より高くなる位置に設置して「カメラ目線」「笑顔」「十分な採光」に注意して撮影してみてください。
自撮り写真と見比べて圧倒的にクオリティの高い仕上がりになることは間違いありません。

サブ写真では旅行や大勢で遊んでいる写真も明るい雰囲気が伝わり効果的。
友達に掲載許可を取りにくい場合は、自身が写っている部分だけを切り抜いて使うのもアリですね。

加工はすぐにバレる

これはよく質問される項目ですが、基本的に画像加工はNGです。
スマホアプリを中心に簡単に画像編集ができるツールもありますが、加工はすぐにバレます。

女子は写真加工が好き!
故に加工写真を見抜くのも一枚上手です。

男性の加工写真は女性のそれに比べて圧倒的にマイナスイメージを与えてしまいます。
女々しい・嘘つき・キモい、と散々な評価が待ち受けています…

加工は一切せずに、ありのままの写真で勝負した方が男性の場合は好感度が高いのは紛れもない事実です。

サブ写真充実で親近感UP

プロフィールではサブ写真やアルバム機能が使えますので、積極的に活用して複数バリエーションの写真を掲載しましょう。
メインは顔写真ですが、その他の写真は趣味や好きなモノ、大勢で遊んでいる様子や旅行やイベント風景等を活用するのが定石ですね。

趣味・日常を伝える
友人達とキャンプを楽しむ男性

趣味や旅行に関する写真はあなたとお付き合いした"その後"を連想させるのに最適。
趣味ならアウトドアやスポーツ、旅行なら観光地や名所での記念撮影系が定番です。
また、仕事中やカフェ・家でくつろいでるシチュエーションもよいですね。

趣味やプライベートの過ごし方はマッチングで重要な要素、文章でアピールするだけでなく、写真を活用することで何倍も魅力的に映ります。

レイアウト被りはNG

メイン画像で顔写真を掲載するので、その他サブ写真で顔強調写真を載せすぎると"自分大好き感"が出てしまいます。
モロカメラ目線やUP写真は避け、スポーツ中・読書中・飲食中と「仕草」が絡む絵が好ましいですね。

例えば「ゴルフ中の写真」ならプラスαで「この人、こんな趣味もあるんだ〜」と興味関心を惹きつける情報が付加されます。

交友関係をアピール

先ほども触れましたが、複数人での写真は楽しさが伝わり、交友関係のアピールにも繋がります。
女子は物心ついた頃から友達が豊富で輪の中心にいる男子に恋い焦がれます。

ただし、やたら多くの女性が写っていたり元カノなど親密な関係を匂わせる写真は使わないよう注意しましょう。

いかがでしょうか、ここで紹介した撮り方とバリエーションを実現すれば"今の3倍モテる"というのも納得できましたでしょうか?
本当に多くの男性が基本を知らないだけで、これらをマスターするだけで圧倒的なパフォーマンスを得られるのです。