内容だけじゃない!タイミングも重要

返信のタイミングが悪くお怒りの女子

女性からの返信は本当に嬉しいもので、新着表示を見た瞬間に一気に興奮してしまうのは誰もが同じです。
基本的にはなるべく早く返信するのがセオリーですが、返信のタイミングにもいくつかコツがあります。

返信が遅く女性側が飽きてしまうのは論外ですが、ペースが早すぎて失敗してしまうことも珍しくありません。
ここでは、最適な返信タイミングの見つけ方について紹介しましょう。

出会い系に限らず、女性とのやり取りではタイミングが非常に重要ですが、ポイントは「相手のペースに合わせる」「メリハリを付ける」の2つ。

相手のペースに合わせる

返信のタイミングは早すぎず、遅すぎずがベスト。
重要なのは相手のペースに合わせて返信タイミングを見計らうことです。

相手も即レスしてくる方であれば、こっちも即レスで返した方がお互いに気持ち良いやり取りができ、テンポ良く会話が進んでいきます。
一方、1日に2〜3通の返信しか返ってこない場合は、自分もそれにあった返信のタイミングを見計らいましょう。

時間帯を考慮する

メッセージ返信は、単純に一定時間空ければいいというものではありません。
時と場合、空気を読んであえて時間を空けるか、即レスをするのかを判断しましょう。

相手げへの返信のタイミングを計っている男性

例えば、仕事をしている相手から昼に返信があったとします。
この場合は次に相手がメッセージのチェックをするのは仕事終わりが予想されます。
夕方以降に相手が仕事を終える前や、仕事が終わってから比較的早い時間に返信するのが理想。

このケースで即レスをしてしまうと昼休み終了ギリギリに読まれる可能性が高く、次に携帯を触る時(勤務終了後)にはメッセージのことは忘れ去られてしまうリスクがあります。

同様の理由で夜遅い時間のメッセージには翌朝相手が通勤・通学するであろうタイミング(又はその前)に送信するのが上手な返信ですね。
このサイクルだと、次はお昼休みに届くように送信しまた夕方・夜と1日3-4往復のやり取りが続きます。

さらに時間帯だけでなく休日なら多少遅めのメッセージにしてみたり、出掛ける予定を聞いていれば夜に「こんばんは、お家帰ってますか?」と返せばとても自然です。
相手がゆっくり携帯を触るであろう時間を意識して、送信するとペースを掴みやすいのです。

メリハリを付ける

基本は①の流れで、女性のペースに合わせてメッセージを進めていきますが、時には即レス又は敢えてゆっくり返信を混じえてメリハリを付けた対応が必要です。

女性からのアプローチは即レス

女性側からアプローチがあった場合、こちらのファーストメッセージに対して返信があった際は兎に角即レスが基本。

もし、仕事中で時間がとれないのなら「お返事ありがとうございます!タイミング悪く仕事の手が離せないので、後ほどしっかりお返事しますね」と簡単なお礼だけでも送信できると印象が良いでしょう。
新規女性からの反応は最も重要な瞬間なので、出来る限り早急に反応しましょう。

暇な時間帯はレスポンス良く

雨の日の休日、体調を崩して休んでいる時などは、頻繁なメッセージのやり取りを求めていることが多いです。
あくまでも相手の返信ペースを見ながらの対応になりますが、相手が暇だと判断したら返信レスポンスを上げましょう。

特に相手が一日家にいる時はチャンスで、チャット感覚でテンポ良く会話できれば一気に距離を縮めることができます。
また、相手が一人で外出しているシチュエーションなら「お昼は◯◯食べたんだ」「✕✕買っちゃった」「今日は暑いね」と一緒にデートしているかのような感覚でトークを繰り広げていけたら理想です。

デートの日程調整は即レス

実際に会ってみようという話まで進んだら、日程調整を中心に即レス対応が必須。
デートアポは正に"山場"で、携帯に張り付くくらいの気持ちで滞りない返信をしてください。

相手も「会いたい」と気持ちが盛り上がっているうちに、一分一秒でも早くアポを成立させたいところです。

相手の繁忙期を把握

仕事が月末は立て込むようなケースやテスト期間は忙しくなるのでガツガツ返信しないように調整します。
相手の気持ちが他に集中しているときにメッセージを送りつけても反応はイマイチです。

こういう場合は返信タイミングだけではなく、自分の話は控えて相手を労ったり、和むような話題にすると良いでしょう。

話が収束しそうなら…

メッセージを続けていると、文量が短くなり会話のペースが悪くなることもあります。
そんな時は無理して続けるよりも一端引いて、2-3日あけてメッセージすると効果的な場合があります。

無断で数日あけてしまうと不信感を抱かれ兼ねないので「今日はお先に寝ます、おやすみなさい。」「明日から出張なので、落ち着いたらまたメッセージします!」と一区切り入れる旨を伝えておきます。

スノボーにちょっと疲れた感じの可愛い女子

メッセージ内容はもちろんですが、そのタイミングによって女子の反応に大きく影響することが理解いただけたかと思います。
敬語・タメ語の使い分けや相手の呼び方と些細に思うことも女子は敏感に感じ取りますので、次の記事も参考にしてみてください。