小旅行で二人は急接近

関東日帰り旅行の定番・箱根大涌谷のリフト

出会い系で知り合った女性とのデートでは、2回目のデート以降で日帰り旅行を企画してみても良いでしょう。
日帰り旅行を成功させれば、一気に付き合える可能性が高まります。
日帰り旅行の定番のひとつに温泉という選択肢がありますが、付き合う前の場合は女性側は化粧の問題もあり、推奨できません。
まだ付き合っていないカップルにお奨めの日帰り旅行プランをまとめました。

景色が良い所

なんとなく遠出するのではなく、日帰り流行の中で目玉になるスポットがあると魅力的なプランになります。
ロープウェイで行く展望台景色も良くてマイナスイオンを感じられるようなところも良いでしょう。
日帰り旅行でないと、なかなか行けないような現実逃避できるような所をピックアップしてみましょう。

最初は定番スポットを選ぶ

初めて2人で行く日帰り旅行では、観光地として有名な定番スポットを選ぶと無難。

関東なら鎌倉日光。関西なら京都。近畿なら伊勢。東北なら松島等がお奨めです。

景色の良いスポット日光・中禅寺湖の湖畔

お互いに一度行った事があるような所でも、定番スポットは久しぶりに行けば何度でも楽しめるものです。
定番の観光スポットは、お土産ショップやご当地料理と立ち寄る所がたくさんあるので観光していて飽きません。

女性が行きたがっている場所を

相手のプロフィールに趣味が旅行と書いてあれば、すぐに日帰り旅行に誘っていいわけではありません。
朝から夜まで拘束する日帰りデートは、付き合う前の段階だと難易度が高く、アポ率が低いデメリットがあります。

デートする方向で話が進んでいても、魅力を感じない行き先の話になると女性が消極的になってデートそのものが流れてしまうリスクがあります。
日帰りデートは、なるべく女性が「ここなら行きたい」とテンションが上がるプランを計画しましょう。

会話の中で、女性が行きたがっている場所を把握して、ここなら日帰り旅行デートに応じてくれるという自信がある場所を見極めてから誘い出しましょう。

踏切が開くのを待つ女子

交際前の小旅行でよくある質問

すでに付き合っているのであれば、費用やプランはカップルの価値感で決めれば良いですが、付き合う前に日帰り旅行に行くと「こういう時はどうすればいいか?」と多くの疑問が発生することでしょう。
よくある質問と一般的な考え方を紹介します。

旅行代はどこまで出すべき?

出会い系で知り合って日帰り旅行に行く事になった時は、デート費用はどこまで男性が負担するべきでしょうか?
事前にお金の話をする訳にも行かず、難しい問題ですよね。
ケースバイケースの要素もありますが、相手が社会人であれば基本的にはいくらかは女性にも負担してもらって良いでしょう。
一方で、男性が社会人で女性が学生・無職の場合は全額出すのが理想になります。

無理に男性が全額出そうとすると、女性も気を遣ってしまうものです。
日帰り旅行の内容にもよりますが、電車代やチケット代など旅行に行く事が決まった時点でかかると分かっているものは、女性に自分の分を負担させるのが一般的です。
ただし、細かく割り勘するのではなく、食事代は多く出す等、ある程度は男性負担を多くした方がいいでしょう。

ハートのキャンディを持って嬉しそうな女子

また、車で移動する場合は、ガソリン代や高速代の交通費を女性に請求するのは良くありません。
車を出したのであれば、もし女性から「車出してもらったし、ここのお金は私が出すよ」と言われた場合は、適度に受け入れてあげましょう。

どのくらいまでの遠出ならOK?

デート内容にもよりますが、よほど魅力的なプランでない限り、早朝から深夜までかかるようなデートプランは控えましょう。
朝は早くても7時〜9時の集合で、女性が家に帰る時間は遅くても21時〜22時が良いです。
これらの時間から逆算すると、移動時間は片道2〜3時間以内が望ましいでしょう。

ただし、早朝出発、帰宅は日付が変わるくらいになるような移動距離であっても女性が強く行きたがっている場所であれば、この限りではありません。
疲れが翌日に残りそうな時は、連休の初日や3連休の真ん中を選び、翌日も休みの時に日程調整してあげるように心がけましょう。

日帰りデートに向かう新幹線の車内

旅行で告白はアリ?

旅行まで行ける仲まで発展していれば、告白を決意できるタイミングでもあります。
旅行では女子もテンションが上がっていますし、絶好のシチュエーションを作りやすいです。

旅行中に告白するのであれば、終盤がベスト。
帰宅途中や家の直前まで送って別れ際という手もありますが、どうせ旅行に行ったのなら、旅行先の雰囲気が良い場所で伝えた方が印象が良いでしょう。

日帰りデートが成功し、今日は帰りたくないと
					甘える女子

万が一、断られると帰り道が気まずいリスクもありますが、男ならそのくらいは覚悟しておきましょう。
気が利く女性だと、その場で断ると旅行の残り時間が気まずくなるのを察して"少し考えさせて"と即答を避けてきます。
日帰り旅行まで行って告白した結果、答えが保留であれば見込みは少なそうです。

旅行まで行って、その後も告白せずにダラダラいくと、せっかく落としていた女も気持ちが離れてしまうかもしれません。
旅行で告白できない場合でも、次回デートには告白するようにしましょう。
旅行当日には告白しないけど、付き合いたいという気持ちが固まった場合は、アフターフォローメールである程度、次回デートでの告白を匂わせるような文章にするとよいでしょう。

その他のおすすめデートプラン

春プランのボタン 夏プランのボタン 秋プランのボタン 冬プランのボタン ドライブデートのボタン テーマパークのボタン 悪天候時のボタン