もはやネット恋愛は当たり前

ネットで付き合い始めたお似合いのカップル

「今の彼女(彼氏)とはネットで出会った」

そんな話を聞く機会は増えていませんか?

私の周りでは最近そんな話をとても良く聞きます。
ネット出会いの1つの転機として「Facebook」が一般にも受け入れられたここ2,3年ではないでしょうか?

フェイスブックで出会った女性

実際はそれまでも「ネット」による出会いは多くありました。
その代表格が「mixi」です。
mixiを介して直接出会ったりオフ会で出会ったりと色々な出会いがありました。

しかし当時はネットや出会い系での出会いはなんだか…

恥ずかしい

いかがわしい

危ない

といった先入観が社会にあったためネットで出会ってもそれを周りに公言する人は少数でした。
ましてそのまま結婚となっても、結婚式では

「きっかけは友達の紹介で出会いました」

これが一種の暗黙の了解として広く使われていました。

では現在においてネットによる出会いはどのように認知されているのでしょうか?
最新の事情を紐解いていきたいと思います。

まず、20代から40代を対象とした調査において、
「Facebook等のSNSを含むネットでの出会いはアリかナシか?」
という質問について男女共7割以上が「あり」と前向きな回答をしています。

アンケート結果を示す女性

次に「実際にネットで知り合った人と会ったことがありますか?(オフ会等を含む)」という質問には
男性では15%、女性では30%の方が会ったことがあると、実は女性の方が積極的な回答が出ています。

女性の方がネット出会いに積極的

この中にはお付き合いに発展した人も多く含まれており、ネットによる出会いが一段と身近になったことをうかがわせます。

報道により負のイメージが先行

一言で「ネットによる出会い」と言ってもそのジャンルは多岐に渡ります。
今はだいぶ下火になってしまいましたが、一時はmixiやモバゲー、greeが一時代を築いた事がありました。
この頃は危険性や危うさといった面も同時にフォーカスされ、実際に起こった事件もメディアで大きく報道されることとなり、ネットによる出会いは危険と紙一重といった側面を大きく印象付けました。

SNS出会いの危険報道とSNSロゴ

それから月日が経ち、日進月歩のネット業界では安心・安全な面がフォーカスされるようになりました。
当サイトが一番お奨めしている「ペアーズ」もその一つで、登録時には免許証等、写真付き身分証が要求され実名制、そして身分保障に力を入れています。
これはサイト運営側に身分証を提示することにより、ユーザに対して抑止力といった効果もあります。

また最近では男性だけでなく、女性も登録に対する心理的ハードルが大きく下がり、とても気軽に登録しています。
今まで関心を示さなかった女性陣も、友達の紹介や安全そうという認識からと気軽に登録してくれる時代になりました。

ネット出会いに興味を持つ女性

私としては「女性が気軽に登録してくれる様になった」事こそが最も歓迎していることで、今後ネットによる出会いはますます発展していくと確信しています。
あなたもネットによる出会いの凄さを、最大限体験してください。