出会い系登録の流れ

スマホから出会い系に登録する女性

登録・利用方法は各サービスにより異なりますが、一般的な出会い系登録の流れを4ステップにわけて解説いたします。

①出会い系選択・アプリDL

出会い系はサイト版とアプリ版の2種類があります。
サービスによっては、サイトとアプリの両方に対応しているものもあれば、スマホアプリ専用もあります。
中小規模の出会い系アプリだと、iOS・Android専用(又はどちらか)になっている場合もあります。

スマホアプリはダウンロードまでは全て無料です。
WEBサイトの場合は、公式ホームページから直接新規会員登録へ進みます。

②会員登録・年齢認証

iphoneで出会い系サイトに会員登録する

一般的に会員登録までは無料で進むことができ、利用ユーザーを覗いてから課金を実行するか判断できます。
従量課金制(ポイント制)の場合、プロフ閲覧や写真確認にポイントを消化するので全てを無料で閲覧できるわけではありませんが、定額制サイトは有料会員と変わらぬ検索が可能です。

会員登録時には「18歳以上」である旨の年齢確認と不正アカウント開設を防止するための認証が行われます。
具体的には次のような確認・認証が行われ、登録方法からも各社の安全対策やセキュリティへの考え方を察することができます。

メールアドレス認証

メールアドレスを送信して、確認メールに記載された登録用URLから再度手続きを進めます。
この一手間を加えることで、スパム業者やイタズラユーザーが圧倒的に少なくなります。
Web登録がメインのユーブライド等で利用されています。

電話番号認証

電話番号を登録すると、録音音声通話で着信があり、そこで案内されたパスワードを入力して認証します。
アカウント開設には固有の携帯電話番号が必要になるため、量産を防ぐ目的があります。
なお、登録した携帯電話番号は登録時の認証に使用されるのみで、他ユーザーに公開される心配はありません。
PCMAX、イククル、ハッピーメールと老舗サービスで導入されています。

身分証提出

メール添付もしくはアプリ内のアップロード機能で身分証の提出を行います。
プロフィール偽造・年齢詐称を防止できる他、身分証を提出しているが故に不正行為に対する抑止効果もあります。
YYC、ペアーズなど真剣度の高い出会い系サイトで採用されています。

クレジットカード決済による年齢認証

ペアーズ等で採用される年齢認証方法です。
身分証明書の提出と併用した設定になっていることが多いですが、クレカの最小支払い単位100円を決済することで、18歳以上であることを証明する仕組みです。

Facebook認証

Facebookアカウントで年齢を認証する手法。
ペアーズやOmiaiなどFacebook認証必須のサービスとYoubrideやタップル誕生など、Facebook認証と通常登録で選べるサイトがあります。

Facebook上の既存の友達には出会い系に登録したことを知られないような設定になっています。
また、ペアーズの場合はFacebookの友達が10人以上で18歳以上、ステータスが既婚や交際中で無いかもチェックされています。

一通りの年齢認証方法を羅列しましたが、中には2つないしは3つを併用し「フェイスブック認証+身分証明書提出」といった厳重な体制のサイトもあります。
電話番号・クレジット情報・身分証と重要な個人情報を送信するので、情報取扱面でも信頼できる運営を選ぶ必要があります。

③プロフ作成

出会い系活動を始めるにあたり必須となるプロフィール作成。
ニックネームの設定(本名非公開)、身長、職種、年収、顔写真登録と続きます。
出会い系によって必須・任意項目が異なるもののできるだけ詳しく記載するようにしましょう。

サイトにより、登録時にニックネーム、年齢、居住地など簡単な内容のみを入力し、後にマイページでプロフの詳細設定する場合もあります。
また、性別・年齢の項目以外は登録後でも自由に変更編集可能ですので、まずは思ったままに記載してみましょう。

セキュリティが厳しい出会い系は、登録後に居住地や年齢を変えると、証明書類の提出を求められることもありますので、偽りなく正直に書きましょう。

女性があなたのメッセージに返信するか否かの判断は、プロフ内容が全てと言っても過言ではありません。
何度も見直し、時間を掛けてでもあなたの魅力が100%伝わるプロフィールを完成させましょう。

④ポイント購入、有料プラン申込

スマホでクレジット決済

登録や女性検索までは無料でできるもの、具体的なメッセージ交換には課金が必要です。
出会い系の料金形態は、従量課金制と定額制+従量課金制の2種類がありますが、女性とコンタクトを取るために課金は避けては通れません。

出会い系における課金方法は次の3種類があります。

①クレジットカード
②アプリ内課金(iTunesストア、GooglePlayを通じての支払い)
③銀行振込・その他

1.クレジットカード

最もポピュラーな方法がクレカ決済です。
リアルタイムな課金が可能なため、深夜・休日でも即時決済可能です。

また、副次的なメリットとしてはクレジットカード特有の「チャージバック機能」です。
万が一、詐欺サイトに引っ掛かってしまったとしてもクレジットカード会社に事情を説明すれば支払いを停止することができます。

クレジットカード会社は申入れの事実確認をした上で、悪質出会い系業者への支払いを中止しカード利用者の明細からも削除されることになり、引き落としも行われません。
二重の安全対策としてクレジット決済を行うのは賢い選択と言えます。

2.アプリ内課金

アプリ内課金はApple・Googleを介して出会い系運営会社へ支払が行われるため安全性は極めて高いと言えます。
クレジットカードを所持していなくてもiTunesカード等で現金課金が可能です。

ただし、AppleやGoogleから各事業者への支払い時に手数料が発生するためにアプリ内課金は1-2割高い料金が設定されていることがあります。
利用者側にはこれと言ったメリットは無いので可能であればクレジットカード決済をお奨めします。

3.銀行振込・その他

銀行振込は最も堅実な方法に見えますが、銀行営業時間は平日9-15時と短く出会い系運営側も処理が煩雑なためあまり普及していません。
その他コンビニ払いや電子マネーによる支払いも可能ですが、余程の理由がなければ利用するメリットはないでしょう。

さて、このページではアプリDLから課金決済までのポイントを整理しました。
各出会い系サイトでは随時キャンペーンを行っており、新規会員登録で無料ポイントやお試し期間等の特典が付いてくることもありますのでこれらは有効活用したいですね。