悪質出会い系の手口を暴露

摘発事例も増えつつある悪質出会い系業者

出会い系業界は、老舗や大手の健全運営をしている優良サービスが明確になってきましたが、未だにサクラをはじめ悪質な詐欺行為を繰り返している悪質業者もいるのが実情です。
当サイトで紹介しているお奨め優良サービスを利用すれば、ここで解説する出会い系被害にひっかかることはまずありません。

しかし、これから出会い系を使おうとしている方や、過去に騙された経験を持っている方は出会い系に悪いイメージがあり、不安を抱えていることでしょう。
出会い系を安心して利用するには、まずは悪質業者はどういった手口で運営しているのか理解しておくと良いでしょう。

当サイトでは、サクラ美人局(つつもたせ)架空請求など悪質出会い系業者の代表的な手法を業界の裏側から解説しています。
なかには、えげつないと感じることもあると思いますが、手法さえ理解しておけば自然と防衛策も見えてくるはずです。

全体的には出会い系業界全体で悪質業者は減少傾向にありますが、完全にゼロにならない限り、利用者も警戒心を忘れずにサイト選びは慎重に行う必要があります。

サクラ被害

知らずに出会い系サクラに騙されている男性

サクラとは運営やバイト、キャッシュバッカーなどが一般の女性ユーザーを装って活動していることです。
昔から悪質出会い系サイトの定番手法で、現在もサクラ中心の詐欺サービスは多数あります。
しかし、業界全体で見れば、大手や老舗の優良サービスの躍進でサクラの数自体は減少傾向にあります。
当サイトで紹介している優良出会い系にはサクラがいない仕組みなど、業界事情も含めて解説しています。

悪質業者被害

騙される側が悪いと開き直る悪質出会い系業者

悪質業者は、サクラばっかりとか、料金が高く他の詐欺サービスに誘導されるなど、驚く程原始的で昔ながらの手法を使っています。
悪質業者の手法くらいは理解している人も多いでしょう。
当サイトでは、なんでこんな簡単なことに騙される男性ユーザーが後を絶たない理由まで解説しています。
優良出会い系サービスを利用しても、マッチングできないといった不満を持っている人が多く、弱い人間心理につけこむ形で悪質業者は活動しています。
出会い系を使って彼女を作るためには努力が必要だと理解していれば、悪質業者にひっかかることはなくなるでしょう。

美人局被害

美人局と知らずに利用してしまったホテルの部屋

美人局(つつもたせ)とは、オトリ役の女性が出会い系などで男性に近づき、身体の関係を持ったり、そういった流れになる現場を作って、そこでグルになった男性が俺の女に手を出したと脅して金銭を要求する詐欺行為です。

出会い系を利用する中で、こういった悪質ユーザーにひっかかる事を懸念する声もありますが、真剣恋愛系の出会い系では、こうした美人局被害はほとんどありません。
即エッチを目的にしているアダルト掲示板や人妻系の出会い系の場合は、詐欺被害にあうリスクが高いです。

数ある出会い系に関連する詐欺・悪質行為の中でも、実際に加害者とコンタクトを取る美人局は逮捕率が高く、全体的に被害件数は減少傾向にあります。
特に真剣恋愛系の出会い系の場合、女性は恋人・配偶者という条件で活動しているものなので、もし美人局から難癖を付けられても、いくらでも言い訳をすることができます。

架空請求被害

突然の身に覚えのない請求に驚く男性

架空請求は一時期は出会い系でもよくありましたが、こうした当時の社会問題化もあって現在では悪質業者も含めて出会い系は完全前払い制が主流です。
また、最近はAppleやGoogleの承認が必要なスマホアプリ化が進んでいるため、あからさまな詐欺行為自体ができない環境に変わってきました。
つまり、出会い系への登録によって架空請求にあうリスクはほとんどなく、現在起こっている被害のほとんどはアダルト動画視聴に関連したものです。
料金前払いなど、架空請求の心配はなくても、出会い系はほかの詐欺行為にあうリスクがあるので、利用する業者は当サイトで紹介している大手や老舗を中心に慎重に検討しましょう。

悪質出会い系の摘発事例

摘発・逮捕された悪質出会い系業者

出会い系は悪質業者ばかりで、詐欺行為をしても捕まらないグレー業界だと思っている方はいませんか?
たしかに一昔前は、摘発事例がほとんどないのが現状で悪質業者が乱立していた時代もありました。
しかし、2010年以降はサクラを使った悪質業者の詐欺容疑での摘発も増えています。
さらに2017年には初めて無届による出会い系アプリ運営会社も摘発され、今後は出会い系業界に大きな変化があるかもしれません。
当サイトで紹介している優良の出会い系は全て正規の届出済業者でサクラなしの健全な運営をしています。