淡い期待から地獄に一転する「美人局」

美人局と知らずに利用してしまったホテルの部屋

よくサクラと混同されることが多い「悪徳業者」ですが、一般的には次のように定義されます。

美人局は「つつもたせ」と呼び、男女がグルになって行う詐欺行為です。
代表的な手法は、オトリになる女性ユーザーを出会い系に登録させて、アダルト掲示板等に投稿します。
そして男性とマッチングして肉体関係を持った後や、その行為を行おうとする現場、もしくは会っている現場に女性ユーザーの夫・彼氏・友人を名乗る男性パートナーが現れて「俺の女に何をしている」と難癖をつけてきます。
不倫しようとしていた弱みにつけこんで、職場に伝えたり、裁判を起こすと脅して法外な慰謝料を請求するのが美人局の手法です。

一部の出会い系では美人局による被害事例もあります。
しかし、当サイトで紹介している真面目に恋人探しをする出会い系では美人局被害はありませんし、運営側のパトロールも信憑性があります。
一部の、即エッチができる事を売りにしている人妻系アダルト掲示板では、美人局のリスクが高くなります。

人妻系アダルト掲示板で知り合った女性と待ち合わせする男性

美人局も優良出会い系では活動し難い

実際にオトリになる女性と会わせて、肉体関係を持ったり、そういった流れに持ち込む美人局は出会い系関連の詐欺行為でも難易度が高いです。
恋人探しの出会い系の場合、前提条件として、恋人や配偶者がいない事が必須条件になります。

そのため、美人局をしようとした所で、ターゲットになる男性ユーザーは「こっちは夫がいたなんて聞いていない」と言い訳の要素ができ、なおかつ出会い系の履歴という証拠を提示できます。

また、真剣恋愛系の出会い系の場合は、いきなり肉体関係に発展する流れになると、逆に怪しいと警戒してしまうものです。
メッセージのやり取りを繰り返して、デートも複数回すれば自然と、そういう展開に誘導することもできますが、美人局の加害者側からしてみれば、手間がかかり効率が悪いです。

優良出会い系サイトを利用する可愛い女子

それであれば、即エッチを目的にしているアダルト掲示板や、人妻だと公表して活動できるサービスでターゲットを探した方が圧倒的に効率が良いのです。

美人局は逮捕率が高い

美人局は、オトリの女性や賠償金や慰謝料を請求する加害男性が直接被害者と顔を合わせることになります。
また、女性は出会い系に顔写真を掲載していることが多く、身元が割れてしまいます。
このように逮捕リスクが高いため、加害者も1〜2万円などの単位ではなく、数十万円〜数百万円を請求するケースが多く、現場で詐欺行為が完結しないことも多いです。
後日振り込めなどと話を持ち帰った被害者は、すぐにネットで調べると相談窓口や加害者が常習犯である情報を知って、態度を変えて戦う姿勢を出すケースも増えています。

これら傾向から美人局の逮捕事例は全国で多数あり、犯罪者から見てもリスクが高いと認識されています。

美人局を逮捕する手錠

なにより、近年は顔写真がSNSで拡散されるリスクが高く、オトリ役を引き受ける女性がほとんどいません。

そのため、お金を持っているかも分からない出会い系などネットユーザーを相手にした美人局による被害件数は減少傾向にあります。
しかし、全くないわけではないので、アダルト系や人妻系の出会い系を使う時は注意しましょう。

美人局の対処法

美人局の定番手法は、警察や弁護士、職場、家族などに行って話を大きくすると脅してきます。
しかし、加害者は話を大きくする気はなく、示談交渉で決着を付けたいというのが本心です。

もっとも効果的な方法は、「警察でも裁判でも好きなように対処してください。こっちも弁護士に全て任せます」と開き直ることです。
美人局被害者で多いのは既婚者です。妻がいる場合、たとえ美人局であっても他の女性と関係を持とうとしていた事はなんとしても隠したいものです。
そこで、加害者の術中にはまって示談に応じてしまうケースが多いです。
独身で彼女もいないのであれば、脅しに屈する必要はありません。
相手も所詮はネットで知り合った他人なので、もし家族や職場に話が来たとしても、あることないこと言って自分を正当化すればいいだけの話です。
美人局は実際に裁判を起こす度胸はないので、開き直ってしまえば、その後は何も言ってこないでしょう。

美人局なんじゃないのか?とか脅迫罪を主張して、ハッタリでもいいのでこっちから訴えてやるくらいの強気な姿勢を見せるのも効果的です。