サイト側・ユーザー側ともに有害な「業者」

騙される側が悪いと開き直る悪質出会い系業者

よくサクラと混同されることが多い「悪徳業者」ですが、一般的には次のように定義されます。

「出会い系サイトで、女性に成りすまし"こっちのサイトで連絡を取ろう"などと他サービスへ誘導する存在」

つまりは悪質な出会い系サイトに誘導されるあなただけでなく、他サービスに会員を流されてしまう運営会社にも被害がある厄介な存在なのです。
ひいては出会い系運営会社も"業者対策"には本気で取り組んでおり、大手になれば24時間365日パトロールを実施していることも珍しくありません。

では、誘導先のサイトは一体どのようなモノなのでしょうか。
万が一誘導に引っかかり悪質出会い系サイトに登録してしまうと悲惨な結末が待ち構えています。

悪質出会い系サイトの特徴

悪質出会い系業者に騙されて公園で一人泣く男性

悪質業者の特徴は次のとおりです。

高額な料金設定
女性は全てサクラorキャッシュバッカー
他の詐欺サービスに誘導される
メールアドレス等個人情報を他詐欺会社に流出
架空請求のリスク
リニューアルを頻繁に行い、悪評が広まるとサービス名称を変える
システムの安定性が低い

悪質業者には様々な種類がありますが、ここで紹介している特徴のひとつだけに該当するケースは少なく、いくつもの悪質要素を併せ持っています。
全ての悪質業者に共通しているのは、一般の女性ユーザーはほぼゼロサクラやキャッシュバッカーのみで構成されています。

最近では、悪質業者にひっかかる人が減少しているので、一部のユーザーから多額の売上をあげようと、価格の高騰も進んでいます。
個人情報保護やシステム・セキュリティ体勢も、そもそも一般の女性ユーザーを含めて利用者自体が少ないので、ずさんな管理体勢です。
24時間パトロール体制などと表記していても、運営がサクラやスパム業者とつながっているので、形だけで何も男性ユーザーを守る取り組みは行っていません。

悪質出会い系の被害者が絶えない理由

出会い系の悪質業者によるトラブルは、ほとんどが男性ユーザーです。
最近ではキャッシュバッカーやサクラのバイトなど、女性に対して稼げることを売りにして人を集めて、初期費用といってお金を使わせたり別の詐欺サービスに誘導する詐欺事例も増えていますが、今回はあくまでも出会いを求めて活動するユーザーの被害事例だけの話をしています。

まず、女性ユーザーが悪質出会い系にひっかからない理由ですが、優良サービスでも女性は完全無料の所が多く、悪質業者をはじめ小規模の怪しい所を利用するメリットがありません。
また、女性は割り切りなどを目的にしているユーザーが少なく、真剣に出会いを求めています。
そのため、身分証提出やFacebook認証をすることに抵抗がなく、逆にこうした管理をしていない"お手軽登録"を売りにしている出会い系は、どんな男性ユーザーが来るのか不安で利用できないといった意見が多いです。

出会い系に真剣な出会いを求めている女性

それに対して男性は出会い系に対して、次の不満を持っていることがあります。

お金を使いたくない
個人情報の登録とか面倒
「簡単にヤレた」という口コミレビューを信じてしまう
大手出会い系は男性ライバルが多すぎて、マッチングできない

これらの心理を持っているため、登録完全無料無料ポイントプレゼント個人情報不要で利用できる女性比率が高いなど、信じがたい悪質業者のうたい文句に簡単に騙されてしまいます。
最初は無料登録で気軽に人を集めて、あとはサクラを使って可愛い女性からアプローチをしているだけです。

また、悪質出会い系の女性ユーザーの大半はサクラです。
自分からメッセージを送って返信があっただけで、手応えを感じてそのまま課金して活動する方が多いようです。

まず、理解してほしいのは、出会い系は効率的に恋人募集中の男女をマッチングさせてくれるサービスですが、男性は何も努力なしに恋人を作ることはできません。
出会い系で活動している女性ユーザーは、多くの男性ユーザーからアプローチを受けて比較するライバルが多数いるものです。
そのため、適当に活動するだけでは優良サービスを使っても何も成果があがらないでしょう。

出会い系は努力や戦略で攻略するものだと理解して、簡単に出会いがゲットできるといった甘い誘惑に応じない心構えがあれば、悪質業者にひっかかる事もなくなります。

仲の良さそうなカップル