再ブーム到来の「Jメール」

Jメールのスクリーンショット画像
累計会員数 料金体制 プラン
600万人以上 従量 プロフ閲覧:10円(アプリ版は無料)
メッセ送信:70円
掲示板の活用:10~50円
ポイント増量:有り(まとめ買いで最大20%増量)
月額(目安) 運営会社 主な目的
3,000~5,000円 ㈲エムアイシー総合企画 セフレ
友活
特 徴
アクティブユーザーが多い
顔出し比率が高いのに安全

出会い系の老舗が大復活

ミントC!Jメールは2000年のサービス開始以来、20年以上の運営実績を持つ老舗の出会い系アプリです。
一時期はPCMAXやスタービーチと並ぶ出会い系サイト大手として人気を集めていましたが、Pairsなど他の出会い系アプリが普及したことで影が薄くなっていました。

そんなオワコン化していたJメールですが、ここ数年で再び注目を集めてブームが再来しています。
人気を集めている要因は2019年にアプリ版をリリースして機能性とデザインを一刷したことと、コロナ禍の自粛疲れで割り切った出会いを求める需要が増えたからです。

目新しい機能はなく、基本的なシステムは従来通りの男性従量課金・女性完全無料です。
身分証による年齢確認と24時間365日体制のセキュリティによって、出会い系サイト時代よりも安全性が高まりました。
Jメールを選んだ人からは「適度にマイナーな存在だから大手恋活系アプリに比べて顔出ししても身バレリスクが低い」、「サクラや業者が少ないのに男女ともに顔出し率が高い」などの意見が寄せられています。

Jメールの使い方

公式サイトより引用

サクラ・業者・CBだらけの過去

Jメールに限ったことではありませんが、この手の従量課金制出会い系サイトは一時期サクラや業者、CB(キャッシュバッカー)など出会う気がない悪質ユーザーで溢れていました。
しかし、恋活系出会い系アプリに需要を奪われたことをキッカケに、セキュリティ体制が大幅に強化されています。

Jメールは24時間365日体制で監視をしており、問い合わせと悪質ユーザーの通報を受け付ける電話窓口を用意するなどサポート体制を強化しています。
SNSや掲示板を中心に過去の悪い噂が払拭されたことが広まり、じわじわと人気を再拡大させている様子です。

キャッシュバック制度が存在

Jメールは女性ユーザー向けにキャッシュバック制度を用意していますが、還元率が悪いオマケ程度の内容になっています。
女性向けポイントプログラムは、原則として男性会員からのメッセージ受信で5pt、自らのメッセージ送信(相手がログインユーザーなど条件あり)で2ptです。
男性が課金するポイントは1pt=10円相当なのに対して、女性が受けられるキャッシュバックポイントは1pt=1円しかありません。

さらに貯めたポイントを現金やギフト券へ交換するには最低3,000pt必要で、動画等の送受信で一気にポイントを貯めることができません。
男性はメッセージ送信で約70円課金するのに対して、女性はメッセージを一往復して7円しか受け取れないので割に合わないですよね?

このようにJメールはキャッシュバック制度があるものの、女性会員目線での待遇が悪いためキャッシュバック目的のユーザーが極めて少ないです。
また、強化されたセキュリティにより、デートのバックレや無駄にメッセージを長引かす悪質ユーザーはすぐにアカBANされます。
キャッシュバックだけを目的にアカBANを回避しながら3,000ptを得るのは極めて困難で、キャッシュバックを受け取っているのは心の底から出会いを楽しんでいるベテラン女性ユーザーだけです。

Jメールの料金

料金形態 従量課金制(ポイント制)
ポイント料金 1pt=10円(課金内容によってボーナスポイントあり)
プラウザ版(クレカ払い)とAndroidのアプリ内課金が同額
iOSのアプリ内課金は割高(1pt=最大12.9円)
登録料 無料
女性料金 完全無料
メール 送信5pt/受信したメールの閲覧0pt
掲示板 閲覧1~3pt/掲示板投稿5pt/動画閲覧5pt/写真閲覧3pt
プロフィール 閲覧1pt(アプリ版は無料)

Jメールの総評

Jメールが選ばれる理由

公式サイトより引用

ミントC!Jメールが人気を集めているのは、それだけの理由があります。
人気の要因をご覧ください。

会員数が多い(業界屈指の累計600万人)
アクティブユーザーが多い
サクラと業者への取り締まりが厳しい
純粋なキャッシュバッカーがいない
高額課金要素がない
顔写真を掲載しても身バレしにくい(適度なマイナー感)
Androidアプリのポイント販売がお得
アプリ版の操作性が良い

昨今は業界全体で割り切りなど手軽感がある出会い系アプリの需要が高まっています。
その中でもJメールは業界屈指の実績と割安な料金システムで人気を集めています。

メール送信で7pt(70円相当)を消費するのは若干高めですが、メッセージ送信以外に高額課金する要素がありません。
女性ユーザーはキャッシュバック制度の条件が極端に悪いため、アプリ内でのやり取りにこだわらず早いタイミングでLINEなどの連絡先交換に応じるケースが多いようです。
結果的に多くの男性会員が、数千円程度の課金で満足のいく出会いを得ています。
ユーザーの質が高く、盛り上がりを見せている出会い系アプリなので、少しでも気になったらアプリ内の様子を覗いてみてください。

ポイント販売額の都合からAndroidのスマホを使っている方は特にオススメです。
iPhoneを使っている方はプラウザ版がお得ですが、プロフィール閲覧で1pt消費するので注意しましょう。