安全面の進化が著しい出会い系

出会い系はサクラばかりだ

犯罪の温床って言われてるし

架空請求とか詐欺被害にあったらどうしよう

出会い系サイトに諦めムードの男性

どうせ悪質ユーザーやサクラ業者しかいないんだろ!と悪いイメージを持っている方は少なくないでしょう。

特にガラケー時代の出会い系サイトは、悪質サイトが蔓延り決して健全な環境とは言えませんでした。
しかし、法改正や悪評により悪質業者のほとんどは廃業に追い込まれ、セキュリティを大幅に向上し健全運営に舵を切った一部の大手優良出会い系のみが生き残ったのが今の出会い系業界の全貌です。

特に当サイトで紹介している優良出会い系は安全面・セキュリティ面では絶対の自信を持っているので、この中から選択いただけたら間違いないと考えています。

現代出会い系の安全対策

強化されたセキュリティ機能

セキュリティ対策を施された出会い系サイトのサーバールーム

出会い系業は、ユーザー同士やサクラ・業者の絡むトラブルが増えすぎて一度は廃れたサービスです。
それがスマホアプリの登場に便乗する形で復活を遂げたのは、安全面の大幅改善とセキュリティ機能の強化が大きく関係しています。
従来の出会い系サイトに比べて、現代は以下の機能が追加されています。

24時間パトロール体制
通報システム、ブロック機能
悪質アカウントの自動検出技術
Facebook認証登録
身分証アップロード

出会い系サイトによっては、Facebookや身分証アップロードは対応していないですが、有人による管理体制やシステムによる管理能力は出会い系コンテンツ全般で大幅にパワーアップしました。
最新システムと人の目による監視を充実することで、サクラや業者、売春やイタズラ目的などの悪質ユーザーはほぼ根絶されています。

女子会員集めにも効果覿面

安全対策はサクラ・業者の排除だけでなくイメージの一新により、女性会員集めにも効果が出ています。
特にこれまで"出会い系なんて…"と敬遠してきた真面目な女子層から一目置かれる存在になったことで、真剣な恋愛を目的とした利用者が急増しています。

大手出会い系サイトは生き残りを掛け、サクラ・業者の一掃を行うと共にクリーンな広告戦略でイメージUPを進めました。
結果、一般層女性の流入が増えていきサクラを雇った運営を行わずとも充分な収益が出るビジネスモデルが構築できたのです。

男性利用者からしてみれば、安全性が高く・真面目な女性が多い、サクラが少ないと三拍子揃った優良サービスに生まれ変わった訳です。

中小規模サイトは淘汰された

現在人気が高い出会い系は、次のいずれかです。

運営実績が長い老舗サービス
(ワクワクメール、PCMAX、YYC…)

上場企業など大手が運営するサービス
(Omiai、ペアーズ、Youbride…)

すでに長年の実績があり利用者も多数獲得している老舗サービスでない場合、新規参入して利用者を獲得するには魅力的なシステムを作り、莫大な広告費をかける必要があります。
そのため、ここ数年で登場して人気を集めている出会い系は例外なく上場企業が絡むビッグプロジェクトです。

老舗サービスは、悪徳業者が乱立する氷河期も一貫して正統派サービスを提供してきた実績と信頼があり、今も根強い人気があります。

出会い系システムは企業向けにパッケージ化され安価に販売されているため、サービスを立ち上げること自体はそれほど難しくありません。500万〜1,000万円程の軍資金があれば相応の"箱"を用意することは可能です。
しかし、業界全体のクオリティが上がったことで、有人パトロールや通報機能、自動検出システム…とコストの掛かる仕組みを実装して、さらに膨大な燃料(広告費)を投下しなければ充分なユーザー確保はできません。

利用者のリテラシーも向上したことで、一昔前のように粗悪なサイトでサクラを雇い法外な課金をさせるという手法が通じなくなっているのです。

また本当に良い出会い系を目指したとしてもユーザー確保には膨大な広告費が掛かります。一説によれば1課金ユーザーを確保するために10,000円〜20,000円の広告コストが掛かるようです。
獲得ユーザーが月5,000円ペースで課金したとしても黒字化するのは3-4ヶ月先… それまでは赤字を垂れ流しながらの運営を強いられるため、資金的体力の少ない中小は自然と淘汰されたのです。

Google/Appleの締め付け強化

アプリ利用が一般化した出会い系ですが、昨今GooglePlay/AppleStoreの規制強化が目まぐるしく、粗悪な出会い系アプリはリリース直後に強制削除されてしまう事象が発生しています。

業界では「リジェクト」と呼ばれ、両社のガイドラインに違反していることが削除理由のようです。

せっかく資金を投じてアプリを作ったのに数日で凍結されてしまった。なんてことが続くと流石の出会い系業者も撤退を選択するのでしょう。
このような背景からも多くの中小が姿を消し、大手が一人勝ちしているのが現代の出会い系業界です。

ユーザーからすれば信頼度の高い大手サービスのみが残るため、これほど良い環境はありませんね。

残留悪質サイトに注意

ユーザーを騙す悪徳出会い系業者

多くの悪質出会い系サイトは自然消滅したと言いましたが、中にはしぶとく生き残り堂々とサクラ行為を繰り返しているサイトも存在します。
悪質サイトの数は大幅に減少した一方で、残ったサイトの手口は巧妙化しています。
一例を上げると次のような一見リアルユーザーかのように思わせるテクニックが使われます。

すれ違い機能で架空の女性を表示

すれ違い機能では「✕✕駅で◯◯さんとすれ違いました」と表示され、如何にも魅力的な女性が登場します。
「えっ?いつもの通勤ルートにこんな美女が?」と興奮してしまい、サクラに対する警戒心が薄れてしまうパターンです。

複数パターンの写真を用意

2-3枚が別の服装であれば偽画像である可能性は低い。
という理論で画像の複数パターン確認はサクラ判別方法の一つとして有効でしたが、これを逆手に取り同一モデルの画像を複数所持し"本物感"を出してくる手口が横行しています。
SNSの発展で第三者の画像転用はより容易になり、一部ではこのように悪用されています。

対策の一つとしてはGoogle画像検索で検索してみるのも効果アリです。
転載元のページやブログがHITすることも珍しくありませんよ…

絶妙な料金設定

サクラ全盛期の出会い系では、1通1,000円!など明らかに法外な料金を請求していたため、常識的に"怪しい"と判断できました。
しかし、昨今は1通100円〜200円と優良大手と比較すれば高いが詐欺と断定し難い絶妙な価格が設定されています。

いかがでしょうか?
実際に出会い系を駆使した私たちですら、サクラか否かを100%判断するのは難しくなってきています。
だからこそ、運営会社と実績からサクラ排除を宣言している大手出会い系に的を絞り、安全な出会い系ライフをおくっていただきたいのです。