恋愛賢者が教えるおすすめ30の攻略法で出会い系アプリを極めよう。

従量課金型の出会い系アプリでは、効率的なメッセテクが要求される

大手も方針が割れるポイント制と定額制

出会い系アプリの料金形態は従量課金制と定額制+従量課金制の2種類があります。それぞれ相場に基づいた適正価格のサービスを選ぶのがポイントです。

出会い系の課金システム

金がないサラリーマン

「安くて出会えるなら試してみたいが…」
こんな声を聞きますが、金銭的理由で登録を躊躇している人も多いのではないでしょうか?
ここでは業界全体の料金形態について解説しますが、実際の料金プランや利用例を見てもらうと思いの他、現実的な金額で活動できることを理解いただけると思います。

まず、出会い系には大きく分けて次の2つの料金形態があります。

従量課金は従来の出会い系サイトから続く、定番の料金形態です。
最近では、月額○○円と定額で使えるサービスも増えてきていますので、それぞれの特徴を比較してみましょう。

①従量課金(ポイント制)

多くの出会い系コンテンツに採用されている料金形態です。
基本的に登録までは全て無料。サービスを利用するにあたってメッセージ送信が一通○○円と都度課金されます。
1,000円・3,000円・5,000円…とポイントをチャージする事前課金方式が主流で、知らない間に費用がかさんで高額請求されるリスクもないので安心して利用できます。

従量課金(ポイント制)の特徴
  • YYC・PCMAX・ハッピーメール等、多くの出会い系サービスが採用
  • 会員登録は完全無料
  • 基本的に個人情報登録は不要
  • 出会い系サービスによって無料サービスの範囲が違う(女性完全無料、掲示板投稿、プロフィール閲覧などでポイント消費される場合と無料利用可能なケースがある)
  • 購入したポイントに対しては有効期限が1年or有効期限なし
  • 新規会員登録特典、ログインボーナス、紹介特典など無料ポイントも用意
  • 効率的に活動すれば、無料or格安で良質な出会いをGETできる
  • 登録ハードルが低く、膨大な会員数を誇る
  • プロフ・写真閲覧にポイントが必要になり、じっくり吟味したい場合は不向き
  • 女性はメッセージ回数に応じてポイントを貰えるので、それを目的としたキャッシュバッカーが存在する
  • 一部、サクラや法外な料金設定でボッタクリ運営をしている悪徳サイトもある

②定額制+従量課金

定額制サービスは、一定料金で一通りの機能が利用できるようになります。
サイトまたはアプリ内のメッセージ送受信は無料・無制限なので、マッチングした後はじっくりメッセージのやり取りができます。

基本プランは、アプローチできる回数(いいね数)や検索条件に制限があり、上位の「プレミアムプラン」や「いいねの追加購入」を行うことで、より積極的な活動を行うこともできます。
プレミアムやVIP会員など上級プランであれば「異性検索で優先的に表示される」「新着ユーザー表示」と有利な特典も付いてくるのである程度は"課金したモノ勝ち"な仕組みが成り立っています。

定額制+従量課金の特徴
  • ペアーズやOmiai、タップル等勢いのあるサービスで採用されている
  • 最低限の基本料金だけでも出会いのチャンスは充分ある
  • Facebook連動や身分証提出など真剣な出会いを求めている方を対象にしたサービスが多い
  • 女性も有料もしくは基本無料+プレミアムプラン有料と一定の課金条件がある
  • 女性も本人確認や費用負担が必要になるので、本気ユーザーが集まりやすい
  • サービス内のチャットやメッセージ機能でじっくりやり取りしてから、連絡先交換やデートのアポを取る
  • 真剣恋愛・婚活を推しているため、即日アポは難しい
  • 割り切りや遊び目的での利用はトラブルを招きかねない
  • 人気会員はアプローチが集中し、非常に競争が激しい

出会い系の料金相場

各サービスのおおよその料金相場をまとめました。
詐欺まがいの高額なサイトやアプリはもちろんNGですが、相場を大きく下回る低価格なサイト・アプリも会員不足や信頼性に欠けると判断してよいでしょう。
会員数・監視体制・運営会社がしっかりしているサービスは往々にして適正相場前後の料金に落ち着く傾向があります。

波打ち際で遊ぶカップル

従量課金のポイント相場

会員登録

無料

メッセージ送信

50円〜100円

メッセージ受信

無料〜100円

掲示板投稿

無料

プロフィール閲覧

無料〜30円

画像送受信

無料〜70円

動画送受信

50円〜150円

新規登録特典

なし〜3,000円分ポイント

従量課金の料金形態を見るときはメッセージの送受信だけではなく、無料サービスの範囲内も確認しておきましょう。
自分からガンガンアプローチをしたい、掲示板を利用して受身の戦法を取るなど、活動方針によって料金面で有利なサービスは異なるのです。
優良出会い系アプリ・サイトであれば、月に数千円程度の微課金でも満足のいく活動ができます。
悪徳出会い系は料金が不当に高く"数万円分のポイント購入しても数時間で空になった"なんて話もざらです。

YYCやワクワクメールに代表される大手サービスはメッセージ受信無料、メッセージ送信50円の料金プランが一般化しています。
登録前に必ず料金プランを確認し、受信メッセージ閲覧が有料だったり1通50円の送信料金を大きく超える場合は一度疑って掛かりましょう。

定額制+従量課金の月額料金相場

男性基本プラン

2,500円〜4,000円

女性基本プラン

無料〜4,000円

プレミアムプラン

2,000円〜3,500円

追加従量課金

100円〜

定額制サービスは、ブラウザ決済とアプリ内決済で料金設定が異なる場合もあります。
詳しくはWeb版・アプリ版の違いで解説しますが、アプリ内決済を行うとブラウザ決済に対して割高になる傾向があります。

また、定額制故に長期利用による割引もあり、1ヶ月プラン>3ヶ月>6ヶ月>12ヶ月と割引率が上がっていく仕組みが採用されています。
12ヶ月プランを選択すれば通常の半額程度で利用できることもあり、中長期的な活動を視野にいれているなら長期プランを活用するとお得に活動できます。

仮に、基本プラン+プレミアムプランもしくは追加ポイントを買い足した場合でも5,000円〜8,000円/月で利用できるため、際限なく課金できてしまう完全従量課金サイトに比べると「月に数万円も課金してしまった…」なんていう大事故に至ることは少ないでしょう。

標準プラン(定額制)ではいいねを押せる回数に上限があり、制限を開放するにはプレミアムプランやポイント購入による従量課金が必要になります。
定額制はログインの有無に限らず月額料金が発生するデメリットはあるものの、出会いまでの総額で見れば完全従量課金(ポイント制)より安上がりとなるケースが多いです。

一定期間は真剣に活動する!と強い意志のある方なら、最初から3ヶ月・6ヶ月プランでスタートすることもお奨めします。

最近の出会い系アプリの安全性は?